窓ガラスをコーティングして頑丈ガラス【空気の層で断熱効果UP】

窓ガラスを強化

案内

窓ガラスの中には防犯対策としてバッチリな防犯ガラスがあります。防犯ガラスは叩いても簡単には割れることが無いので、空き巣から住宅を守ることができます。また、最近では耐熱性の高い耐熱ガラスも誕生しています。

Read More

機能的なガラスを設置

インテリア

我々の生活の中によく浸透している建具の中に、窓ガラスがあります。窓ガラスは、かつては高級品でしたが、現在はこれがないと住宅として成り立たないほど普及しており、むしろ「普及」という言葉すらおこがましいほど当たり前の存在となっています。

Read More

機能ガラス

ハウス

通常の単層ガラスを使用しているところは、複層ガラスへのガラス交換をオススメします。複層ガラスには高い断熱効果があり、アメリカやドイツではこの窓が主流で、日本でも急速に普及が進んでいるガラスです。これは、ふたつのガラスを組み合わせてサッシに組み込み、間に空気層を入れることにより作られたガラスで、ペアガラスとも言われています。これを使用することによりどんな効果があるのかというと、冷暖房のための電気代を節約することができます。ガラスを二枚構造にすることにより伝熱性を弱めたばかりではなく、間の空気層がさらに断熱効果を高めます。その結果、夏は暑い太陽光の熱があまり入ってこず、冬は室内の温度を外に逃がしません。なので、冷房をかけるにしても、暖房をかけるにしても、弱めの設定で十分快適な環境を作れるのです。特に冬は、窓ガラス付近にいると暖房をつけた部屋でもひんやりしてしまうことがあると思いますが、これを冷輻射といい、断熱複層ガラスにすることによって冷輻射をある程度防止することができます。窓ガラス付近の空気が冷やされなくなれば、その空気が床へ移動して底冷えしてしまう、といったこともなくなります。また、冬や梅雨の時期などに起こる結露についても、断熱複層ガラスは防止することができます。結露すると、その水滴により窓や床が汚れることになりますし、カビやダニが増殖するためによい環境を作ってしまうことになります。できれば結露は避けた方が、健康的な、衛生的な生活になるでしょう。ガラス修理屋さんであれば、現在はどこもペアガラスへの交換を承っていますので、検討してみるといいでしょう。また、ガラス修理屋さんは窓ガラスのコーティングも行っています。コーティングをすることで、ガラスの機能が高まるので気になる方は利用してみましょう。

断熱効果で美観維持も

家

リフォームの予定があるのなら、リフォームの際に断熱材や窓ガラスの遮熱、畳の張替えで綺麗で過ごしやすい室温を維持できる家にしましょう。冷暖房の費用が下がり、後々お得になります。

Read More